ホーム » その他の情報 » 転職体験談:中小企業へ転職、自分の将来を見据えた転職を

転職体験談:中小企業へ転職、自分の将来を見据えた転職を

私は新卒入社でがむしゃらに3年間頑張った会社を退社し、大企業ではないけど安定している中小企業へ転職をしました。

転職理由は、会社の理不尽さと将来の無さです。特に最初の会社では自分にスキルがつくわけでもなく、このままずっと同じ会社にいても会社にしがみつくしかできないと考えたからです。

それでも、なんとか入った会社ですから3年間は我慢に我慢を重ねやってこられたのですが「このままこの会社を続けて、自分が40歳になった時にどうなっているのか?」を想像したら、いたたまれなくなったからです。

転職する前に悩んだのは、どこへ転職すればいいのか?ということです。同じ業界か別業界か?大手か中小企業か?など悩めば悩むほどいろいろなことが頭をめぐってきました。

そして自分を一番悩ませたのが、転職への決断です。今のままでも一応食べていくことはできるので、転職活動をして失敗したらどうしよう。別に転職をしなくとも今の会社で我慢すればいいんじゃないか?という優柔不断さがあったのです。

転職先は中小企業

結局、なんとか転職を決断し、転職先に選んだのは、安定している中小企業で将来性もある会社でした。子供も出来たことから家事を妻と分担しなくてはいけなかったので、プライベートもそれなりに確保出来る勤務体制が魅力的でもありました。

年収は下がってしまったのですが、自分の希望する未来が見えた為、今の職場に中途採用で志願し入社を決めました。

年収が良くても体力的にキツイ職場や精神的にきつい職場は、長続き出来ないと考えました。自分が歳を重ねた時に今の様な体力はきっとないだろう、この会社では定年まで働いてはいけないと判断したのです。家族を支えなければならない身としては、生涯ずっと続けていける職場で働きたいし、下がった年収は頑張って上げていくという意欲にもなりました。

今回の転職は年収は下がりましたが大成功でした!転職するなら、自分の将来を見据えた企業への転職をお勧めします。

はじめての転職ノート