ホーム » その他の情報

その他の情報」カテゴリーアーカイブ

転職体験談:中小企業へ転職、自分の将来を見据えた転職を

私は新卒入社でがむしゃらに3年間頑張った会社を退社し、大企業ではないけど安定している中小企業へ転職をしました。

転職理由は、会社の理不尽さと将来の無さです。特に最初の会社では自分にスキルがつくわけでもなく、このままずっと同じ会社にいても会社にしがみつくしかできないと考えたからです。

それでも、なんとか入った会社ですから3年間は我慢に我慢を重ねやってこられたのですが「このままこの会社を続けて、自分が40歳になった時にどうなっているのか?」を想像したら、いたたまれなくなったからです。

転職する前に悩んだのは、どこへ転職すればいいのか?ということです。同じ業界か別業界か?大手か中小企業か?など悩めば悩むほどいろいろなことが頭をめぐってきました。

そして自分を一番悩ませたのが、転職への決断です。今のままでも一応食べていくことはできるので、転職活動をして失敗したらどうしよう。別に転職をしなくとも今の会社で我慢すればいいんじゃないか?という優柔不断さがあったのです。

転職先は中小企業

結局、なんとか転職を決断し、転職先に選んだのは、安定している中小企業で将来性もある会社でした。子供も出来たことから家事を妻と分担しなくてはいけなかったので、プライベートもそれなりに確保出来る勤務体制が魅力的でもありました。

年収は下がってしまったのですが、自分の希望する未来が見えた為、今の職場に中途採用で志願し入社を決めました。

年収が良くても体力的にキツイ職場や精神的にきつい職場は、長続き出来ないと考えました。自分が歳を重ねた時に今の様な体力はきっとないだろう、この会社では定年まで働いてはいけないと判断したのです。家族を支えなければならない身としては、生涯ずっと続けていける職場で働きたいし、下がった年収は頑張って上げていくという意欲にもなりました。

今回の転職は年収は下がりましたが大成功でした!転職するなら、自分の将来を見据えた企業への転職をお勧めします。

はじめての転職ノート

性病の検査はどこでするのがいいのか?考えてみた

私は仕事柄、人より性病の検査をすることが多いです。性病の検査って普通の人にはなじみがないんですが、大体「病院に行けばいいんじゃない?」という意識の人がほとんどだと思います。

実は、性病の検査は病院だけでなく他にも方法があるんです。内容については、以下のサイトを参考にして自分の体験談をおりまぜました。
参考:よくわかる性病検査キットの選び方

病院以外での性病検査の方法

性病の検査をするには、病院の他、保健所、郵送の検査キットという3種類があります。それぞれのいいところと、悪いところ、特徴などを説明してみます。

病院

やはり性病検査といえば病院ですね。性病科とか泌尿器科なんかが真っ先に思いつくのではないでしょうか?

病院のメリットは、性病ですでに症状が出ている場合にスグに対処してもらえるということです。自分で痒かったり痛かったりして、「これはまずいな」ということであればスグに病院に行った方がいいんですよね。

ちなみに注意したいのが、症状が出ていない場合には保険が効かない場合があるということです。保険は治療のためのものなので、なんとなく不安だから検査したいというような場合は自費になる場合があるんです。

いきなり、「えーこんなに払うの??」とならないように注意した方がいいでしょう。

保健所

保健所のいいところは、やっぱり無料でできるところ。
「お金がないなぁ」と悩んでいるけど、性病検査はしたいなら保健所一択といってもいいでしょう。

しかも住所も名前もいらないというところがほとんど。
なんで?と思いますが、これはHIVを広めないための国の施策なので遠慮はいらないです。

ただし、場所によってはHIVの検査しかしてくれないところもあるので自分が気にしている性病の検査はできないということも。

郵送の検査キット

最近人気なのが、郵送でできる性病検査キットの活用。どこかに出向く必要もないし、自分の時間でできるので忙しいor仕事を休めないなんて人でもOKです。

郵送の検査キットは手軽に自分で検体を採ることができるし、誰にもバレないのです。

郵送の検査キットでこまるのは、実際に性病だった時には病院に行かなければならないこと。薬をもらって治す必要があるのでこれはしかたないですね。

仲良しなのにセックスレスの夫婦は脆いのは本当なの?

セックスレスはまずい?セックスレスで夫婦仲が悪くなる傍目から見ても仲良しな夫婦というのはいますが、セックスレスという夫婦も少なくありません。

セックスレスは深刻な悩みになっている場合が多く、仲良し夫婦でも脆いと言われています。

人間には性欲があります

人間には食欲、性欲、睡眠欲の3つの欲があると言います。この3つの良くは人が生きる上で欠かすことができない欲望と言われていますから、セックスレスの夫婦が脆いと考えられるのも納得できるでしょう。

つまり、普段どんなに仲良く過ごしていても、手をつないだりキスをしたりするような夫婦でも、セックスレスの状態が続くと性欲が満たされないため不満が募るというのです。

もちろん中にはセックスしようと言い出せない人もいますし、性格や話は合うけれど、パートナーの体自体に興味はないという夫婦もいるでしょう。

こうした不満が募っていくと、お互いにイライラして爆発し、離婚問題にまで発展するケースがあるのです。

肌のふれあいで安心することも

赤ちゃんがお母さんのぬくもりで安心できるように、人は本能的に人のぬくもりで安心できるようです。自分がパートナーから愛されていると感じられる瞬間は、相手からのプレゼントや嬉しい言葉などもありますが、セックスもあると言います。

お互いに素肌をさらけ出して抱き合うことができる、ということは、お互いに安心感を求めることになるというのです。安心感を相手から得られるということは、自分は相手を愛しているし、相手も自分のことを愛してくれていると実感できる瞬間にもつながります。

子供が親からの愛情をプレゼントよりも親と一緒に過ごすことで感じることができるように、夫婦の場合はパートナーの愛情をセックスで感じることができるのです。ですからセックスレスである、ということは相手からの愛情を感じる瞬間が失われているということです。

ほかに愛情を感じられる瞬間はあっても、その機会を一つのがしていることになるのです。

例外ももちろんある

もちろんセックスレスだからといって絶対に夫婦仲が脆いかというとそうとは言い切れない夫婦もいます。相手の体を気遣うとセックスはできない、子供ができた場合家計に大きな負担がかかる、などといった理由でセックスレスを選んでいる夫婦もいます。

また年齢とともに性欲が衰える人もいますので、夫婦生活をある程度の年齢になったら持たないという夫婦もいます。セックスができない代わりに、別のことで愛情を示しているからセックスレスでも特に問題ない、という夫婦は実際にいます。

そう考えると、セックスレスが必ずしも夫婦仲の危機につながるとはいいがたいのです。ただ認められる離婚理由にセックスレスはあるようですから、世間一般的にはセックスレスが夫婦仲の崩壊につながると考えてもいいのかもしれません。

夫婦の仲を良くするためには、スキンシップ意外にも試したいことはたくさんあります。
参考:はじめての子育て

まとめ

夫婦仲がどのように保たれているか、ということは他人からは分かりません。一見夫婦仲が良くてもセックスレスで夫婦崩壊の危機にある、という夫婦もいますし、逆にセックスレスでも夫婦仲は良好という夫婦もいます。

人間には3大欲として性欲がありますから、夫婦生活がある、というのは当然のことと考える方も多いでしょう。しかしセックスレスになってしまった場合、そこにはそれなりの理由があるわけで、その理由をほかの人が知ることはほとんどありません。

家族のことや家計のことを考えてセックスレスだけれど、パートナーのことを愛していることは別の方法で伝えているという夫婦もいます。セックスをしていても離婚する夫婦というのはいますから、セックスレスイコール夫婦仲が脆いと考えるのはまた違う話かもしれません。

ただ、セックスをすることで相手のぬくもりや愛情を感じられるというのは確かなようですから、今までセックスをしていた夫婦が突然セックスレスになった場合、夫婦仲が脆くなっているというのは言えるのかもしれません。

あなたの夫婦仲や夫婦関係を思い出した時に、セックスレスではないか、夫婦仲が脆くなっていないか一度考えて見てはいかがでしょうか。